ワークショップ案内

ヒーリングハーブス

ヒーリングハーブスとは
英国の医学博士エドワード・バッチ(1886~1936)が健康とは、肉体的要因よりも不安や落胆、悲しみなど、心理的な不安定により損なわれることが多いことに着目。人の様々なマイナスの感情に作用する野生植物を長年にわたり研究し、38種類のフラワーエッセンスを完成させました。 ロンドンから西へ車で4時間、大自然の中にあるヒーリングハーブス社は、1988年9月24日(バッチ博士生誕の日)、ジュリアン・バーナード&マーティン・バーナード夫妻によって設立されました。 この「ヒーリングハーブス」という名称も、ある時期バッチ博士がフラワーレメディーのことを表すのに使っていた言葉です。 今では世界中のプラクティショナーから一般の方まで広く愛され、大きな信頼を得ています。


使用方法について
飲み方は自由で、飲みたいときに何回飲んでもかまいませんが、一般的には目安としてコップ半分程の水やハーブティーなどに、フラワーエッセンスを4~7滴加え、 口に含みリラックスしながらゆっくりと少量ずつ飲用します。


チコリー
ゲンチアナ
ロックローズ
ホーンビーム
クラブアップル
パイン
チェストナット バッド
ハニーサックル
クレマチス
セラトー
ゴース
オーク


資料提供:有限会社 マイキ

ワークショップ一覧

日程 ブランド名 ワークショップ 費用 講師

その他ブランドのワークショップ