FREQUENTLY ASKED QUESTIONSよくある質問

フラワーエッセンスの使用に関する質問
エッセンスの摂り方のオススメを教えてください。
一般的には1回3~4滴、1日3回を目安に直接口に摂る、あるいは水やハーブティーなどに入れてお摂りください。エッセンスを多く摂りたいと感じるときは、1回に摂る滴数を増やすのではなく、1日に摂る回数を増やすのがオススメとされております。
どの位の期間とったらよいでしょうか?
一般的には3~4週間を目安にするとよいでしょう。摂っている途中で、もうエッセンスは必要ないと感じたり、エッセンスに手が伸びなくなった場合は、必要がなくなった時といわれていますので、その時点でおやめになっても構いません。また、飲み忘れるようになった場合なども、必要がなくなった時といわれています。
エッセンスはその時の気分で選んで摂っても良いのでしょうか?
ご自身のお好きなタイミングで、必要なときに必要なエッセンスを摂っていただくことは可能でございます。特にスプレーなどは、その時の気分で使い分けができます。困難な問題などにチャレンジするようなときには同じエッセンスをしっかりと2~3週間摂っていただくことがオススメです。
最大どの位種類を混ぜてよいのでしょうか?
一般的には、最大7種類程度までといわれています。基本的には一つの目的に絞り、エッセンスを3~4種類くらいまでに絞ることをオススメします。
オリジナルのトリートメントボトルを作るとき、違うブランドのものを組み合わせても良いですか?
違うブランドでも組み合わせることができます。直観、あるいはO-リング、ダウンジング等で違うブランドのエッセンスを組み合わせてよいか確認してみるのも良いでしょう。
トリートメントボトルを作る際の保存料は、ブランデー以外にも可能ですか?
ブランデー以外にも、酢や植物性のグリセリンなどを使っていただくことが可能です。この場合は、早め(2~3週間ほど)に使い切ることをオススメしております。
トリートメントボトルを作成した際の使用期限を教えてください。
保存料にブランデーを使用して作成した場合には、2年を目安としてください。酢や植物性のグリセリンなどで作成した場合は2~3週間、お水のみで作成した場合は1~2週間で飲み切る量を目安としてください。
コンビネーションエッセンスを同時に複数飲んでも良いですか?
コンビネーションエッセンスは目的別に作られております。エッセンスを摂るときは、いろいろな目的を同時に解決するのでなく、今一番重要な目的に絞り込んで摂ることをおススメします。目的がクリアなほど効果がはっきりします。従って、コンビネーションエッセンスは絞りこんだ目的に合ったエッセンスを単独で摂ることをオススメします。ただ、緊急用のエッセンスは必要に応じていつでも使えます。また、同じ目的でどうしても 2 本使いたいような場合はO-リングなどでチェックしてみましょう。
異なる目的の単体のエッセンスを複数同時に(同じ日も含めて)摂っても良いですか?
エッセンスを摂るときは複数の目的を同時に解決するのではなく、今一番重要な目的に絞り込んで摂ることをオススメします。目的がクリアなほど効果がはっきりします。同じ目的の為に複数のシングルエッセンスを組み合わせることは全く問題ありません。
エッセンスを組み合わせる時のアドバイスがあったら教えてください。
エッセンスを組み合わせるときはその目的の明確さ、シンプルさが大切です。また、最終的に出来上がったものが全体性(統一性)を持っていること、つまり一つの目的を絞り込み、それに必要なエッセンスの組み合わせにするようにすることがポイントです。
各メーカーによってオススメの滴数が違いますが、その通り摂らないといけない(効果がない)ものですか?
オススメ滴数は、その通り摂らないと効果がないとか、いけないというものではありません。あくまでオススメと考えてください。同じ質問を作り手に投げかけると、全員が自分のガイトに従いなさいと答えます。大切なのは自分がどう思うかです。自分の思う滴数で摂りたいのであればそれも自然な流れなのです。
アルコールが苦手なのですが、その場合のオススメの使用方法などあったら教えてください。
アルコールが苦手な方は、熱いお湯やお茶などにいれてアルコールを飛ばしてからお摂りいただくことができます。また、ペットボトルのお水に数滴たらして薄めて摂る、クリームに数滴混ぜてお使いいただく、お風呂に入れる、スプレーのお水に数滴混ぜてお部屋にまく、手首に垂らすなど・・お好きな使い方でお摂りください。
まちがったエッセンスを摂ってしまったらどうなりますか?
フラワーエッセンスの中には植物の物質は入っておりませんので、私たちの肉体には直接影響を及ぼしません。間違ったエッセンスを摂ったとしても、水に溶解して流れていってしまうだけで、何も起こりません。つまり必要のない人には何の効果も変化もありません。ですので、子供たちにとっても動物にとっても安全なのです。
エッセンスを摂る人が信じるか信じないかで差がありますか?
エッセンスの効果を認識していない幼い子供や動物でも高い効果が認められております。エネルギー(波動)は物質的なものではなく見えないものなので、信じられない方は沢山います。エッセンスを信じるか信じないかではなく、大切なのはご自身が現在抱えている問題に否定的な態度を取らず、しっかりと取り組むこと、つまり半信半疑で摂ったとしても、問題に対し肯定的に取り組む姿勢があることが大切となります。
エッセンスを使う人にエッセンスの説明をして摂ってもらったほうが良いですか。しなくても良いですか?
使用する方の状況によってどちらも選択できます。例えば、緊急の場合や幼児、子供たち(動物は勿論 100%)の場合など、説明しないで使われているケースもあります。それでも十分な効果がでています。大切なことは、摂る方がきちんと自分の心の内側と向き合うことです。摂るエッセンスの意味を知らないと効果がないというものではありませんが、自分が摂っているエッセンスの本質を思い起こすことは意味のあることですので、可能であれば説明をすることをオススメします。
※本人がエッセンスを摂るという意志があるという事を確認する事が前提です。こっそりエッセンスを他の人に垂らす事などは、してはいけません。
妊婦なのですが、エッセンスを使用しても良いですか?
基本的には問題ありませんが、オーキッドエッセンスなどや高いチャクラに作用するもの、感情が高揚しすぎるもの、刺激が強いようなものなどは避けたほうがよいでしょう。O-リングなどでテストして使うようにしてください。赤ちゃんが愛や喜びを持って生まれてくるように、イルカのエッセンスをお腹にあてたり、生まれてすぐイルカの愛のエネルギーを赤ちゃんに感じさせたいために、部屋の4隅にエッセンスを置いて出産を迎えている方もいらっしゃいます。
授乳中なのですが、エッセンスを使用できますか?
授乳中もお摂りいただくことができます。出産後は特にお母様のお疲れや、憂うつ、不安など様々なことがあるかと思いますが、お母様がエッセンスを摂ることで、赤ちゃんも母乳から摂ることができ、お母様の心身疲労を感じることなく、赤ちゃんもリラックスを感じることができます。それでもブランデーが気になるという場合は、授乳前を避けてお摂りいただいたり、熱いお湯やお茶などにいれてアルコールを飛ばしてからお摂りください。クリームに混ぜたり、お風呂に入れるなどもオススメです。
赤ちゃんに使っても良いですか?
ブランデーや塩が入っていますので直接与えず、お母様の手にエッセンスを垂らして、足の裏からマッサージをするように優しくすり込んだり、オーラをクレンジングしてあげるとよいでしょう。クリームなどに混ぜていただいても大丈夫です。
スプレーの使い方を教えてください。また、直接肌へスプレーしても良いですか?
スプレーは、頭の少し上(10cm~15cm)・両肩の少し上(10cm~15cm)の3か所にスプレーし、体のオーラの周りをスプレーのシャワーが降り注ぐイメージでお使いいただくのがオススメです。またお部屋の空間にお使いください。直接お肌にスプレーするのはオススメしておりません。
使用感・効果に関する質問
エッセンスを食べ物と混ぜて摂っても効果は同じですか?
フラワーエッセンスを食べ物に混ぜても問題はございません。また効果がないということでもございませんので混ぜることもできますが、効率を考えた場合、効果的にも経済的にもそのまま口の中に入れて摂ることをオススメいたします。直接が苦手な方は、お水やハーブティーなどに入れてお摂りください。
コーヒーや強い飲み物などにエッセンスを入れて摂った場合、効果は薄まりますか?
効果は変わりません。例えば、摂る方がコーヒーに入れてしまったので効果がなくなったなどとブロックをかけた場合、効果はないに等しくなります。
エッセンスとスプレーに効果の違いはありますか?
エッセンスとスプレーの効果は同じです。スプレーにはエッセンスのエネルギーに合ったエッセンシャルオイルが入っておりますので、エッセンスとの相乗効果も期待できます。
各ブランドには、同じお花から作られたエッセンスがありますが、効果は同じですか?
同じお花であっても、咲いている場所、環境の違い、もちろん作り手も違いますので、エッセンスの持つエネルギーにも違いがあります。そのときご自身にあったエネルギーのものをお選びください。
フラワーエッセンスの成分に、海塩が入っていますが、血圧などが心配です。影響について教えてください。
エッセンスに入っている塩の成分はとても少ない量です。例えば15mlのボトルですと約0.45gですので1滴摂ると約0.0045gです。影響がないとは言い切れませんが、塩分の心配をされている方には、直接摂らずコップ一杯の水で薄めて摂るようにオススメしております。それでも摂ることに不安がある場合は、お風呂に入れる、クリームに混ぜて身体や手に塗る、手首に垂らす、スプレーにして身体やお部屋にスプレーしていただくなど、ご自身が最も安心だと思う方法でお使いください。
初めてエッセンスを摂りましたが、とてもしょっぱかったです。これは普通ですか?
初めてエッセンスを摂る方が、直接口の中に入れて摂った場合、塩分がかなりしょっぱいと感じるのが普通です。しょっぱくて摂るのが難しい場合には、お水やハーブティーなどに垂らして摂ってください。
1本目と2本目に味の違いがある、摂ってて急に味が変わった、ピリピリした感じがある、スプレーの匂いが以前と変わったなど・・・これらは普通ですか?
これらの味や匂いに対する感想は、とても多くお声が届きます。多くは、その日の体調などによって差がでてくるものです。また、エネルギーに敏感な方や、そのエッセンスをとても必要としているときにも味覚の差や、ピリピリした感じ、匂いの違いなど様々な変化が現れます。摂り続けても問題はありませんが、心配な場合には、一度エッセンスを摂ることをお休みしましょう。
フラワーエッセンスの効果はどのような形でわかりますか?
フラワーエッセンスは、非常に穏やかに、感情や精神などの変化をもたらします。心の中に抱えていた緊張やストレス、こだわりなどを手放し、輝きを取り戻すよう意識の変容を導きます。人によっては、「胸が騒ぐ感じがする」「忘れていた小さい頃の記憶を思い出した」という人もいますが、まるでタマネギの薄皮をむくように、少しずつですが確実な変化が訪れるかもしれませんし、抱えている課題や問題の核心にぴったりマッチしたときには、最も効果的な「気づき」が体験できるでしょう。また、摂ったとたん抑圧されていた感情が解放され、その場で浄化が始まるようなケースもあります。
フラワーエッセンスは体にも効果がありますか?
フラワーエッセンスの癒しは、ネガティブになっている感情を解放することです。フラワーエッセンスが特定の病気を直接治すことはありません。心のバランスの乱れが病気を作るといわれていますが、例えばストレスを解放するエッセンスを摂ったとき、同時に体の緊張を和らげることもあります。フラワーエッセンスは、病気の原因となっている不安や怒り、悲しみ、落胆の気持ち、内側でブロックしている精神的、感情的な根本の問題に目覚めさせ、癒してくれるものです。
効果はどのくらい摂ると出てきますか?
長年抱えている問題に取り組むためにエッセンスを摂る場合は、何のためにエッセンスを摂るのか意図・意
識をしっかりもって摂っていただくとより効果的です。通常は3~4週間で何らかの感情の変化や気づき、癒しがもたらされます。(ボトルを持っただけで、あるいは1回摂っただけでも抑圧されていた感情が解放され、その場で浄化が始まるようなケースもあります。)緊急や浄化、集中力など短期的にすぐ助けがほしい場合にはその意図により1回摂るだけでも十分な助けとなります。スプレータイプのものも、アロマオイルとの相乗効果もあり使うたびに癒しの効果を感じることができるでしょう。
フラワーエッセンスを飲みはじめたら体がだるくなり、気分も・・・このまま続けてもよいでしょうか?
フラワーエッセンスを使用すると、ごくまれにそのような不快な経験をすることがあります。これは感情の滞りを動かし、心の葛藤の原因となっているものに気づく為の最初の抵抗があらわれたのかもしれません。このような状態は副作用ではなく、あなたに気づきを与え、より成長へと導く為の一過程なのです。感情、精神、身体の進化がバラバラに進んでいる現象としておこるもので、一般的には2~3日でおさまるでしょう。もしこれらの反応が強すぎ、辛すぎるようなら一旦使用をやめ、販売元やプラクティショナーなどの専門家に相談することをオススメします。またグラウンディングや心の統合を助けるエッセンスや緊急のエッセンスを摂るのもよいでしょう。
安全性・副作用・習慣性について教えてください。
アロマテラピーや漢方と違って、植物、動物、鉱物などからエネルギー(波動)だけを取り出したもので、物質的な成分は全く含まれておりません。エッセンス自体には味も匂いもなく、化学成分は一切入っていません。肉体への生化学的な作用はなく、副作用も習慣性もありませんので、小さなお子さんや動物にも安心して使えます。
商品に関する質問
エッセンスを保存する際や、持ち歩くときにアルミホイルを巻かないと心配なのですが・・。
アルミホイルを巻く必要はありません。巻かなくてもエッセンスのエネルギーが影響されることも、変化することもありません。アルミホイルを巻かないと不安だというネガティブな感情ではなく、巻かなくても大丈夫という強いポジティブな感情に目を向けることで感情は変化します。ご自身がどちらに目を向けるか次第なのです!
どのように保存したらよいでしょうか ?
直射日光を避け、なるべく冷暗所で保存してください。また、フラワーエッセンスは電磁波の影響は受けないと言われてますが、あえて冷蔵庫やテレビなど電磁波の発生する近くに保存することは避けましょう。家で長期的に保存する場合は、必ず立てて保存して下さい。旅行やバッグ等で短期的に持ち歩く時は横になっても問題ありません。
X線などの機械を通した場合、エッセンスに影響はありますか?
エッセンスのエネルギーが影響されることはありませんし、効果が変わることもありません。エッセンスは人間界が作ったものではなく、自然界が作ったものです。つまり4次元が作ったものを3次元で変えることはできないのです。
エッセンスを摂ってもエネルギーを感じなくなりました。エッセンスの浄化が必要ですか?
エッセンスは自浄作用があるといわれておりますので、通常浄化は不要といわれております。もし、エネルギーを感じなくなったということであれば、もう必要でなくなったと捉えることができるでしょう。
エッセンスの量が突然減りました。これはどのように考えれば良いですか?
まれに何らか大きな問題などから、使ってる方自身が守られたときや浄化が起きたときなどに、そのような事が起きたというお声がよくございます。
ボトルのリサイクルは可能ですか?
ご自身やご家族用でしたら問題なくご使用いただけます。その場合は、きちんと煮沸消毒することが大切です。スポイト部分は塩水につけてください。他の方にご使用いただく場合は、ボトルのみ再利用、スポイトは破棄していただくのが良いでしょう。
残っているボトルの処分方法について教えてください。
最近では様々な環境問題があることから、定められた分別にそった処分をオススメしております。エッセンスは環境に悪影響を及ぼすものではございませんので、液体は土などのある場所に自然に感謝してお戻しください。洗面所に流していただいても問題ございません。ボトルのスポイト部分は不燃物、ボトルはビンとして処分してください。
賞味期限について
一般的に製造日から 10 年のものが多いのですが、メーカーによって異なりますので、ラベルの表示に従ってください。
7.5 ml、15 ml、25 ml のボトルは、それぞれ何滴分くらいですか?
あくまで目安ですが、1ml あたり 19.2 滴程度(ネイチャーワールドで数えてみた結果)でした。参考にしてください。
商品にはストックボトルとトリートメントボトルがあるようですが、違いを教えてください。
水をはったボウルにお花を浮かべて作ったときのエッセンスをマザーエッセンスと呼び、次にブランデーと水の入ったボトルにマザーエッセンスを数滴加えたものをストックボトルといいます。通常販売されているシングルのエッセンスはこのレベルです。このストックボトルから希釈して作成するボトルをトリートメントボトルといいます。エッセンスは、ストックボトルから直接摂っていただくこともできますが、トリートメントボトルを作成していただくと経済的です。このボトルをさらに希釈することはできません。販売されているコンビネーションエッセンスには、トリートメントボトルのものと、ストックボトルのものがありますので、ラベルの表記をご覧ください。弊社カタログで「トリートメント可」のマークがついているものは、全てストックレベルです。
選び方に関する質問
フラワーエッセンスの選び方を教えてください。
エッセンスの選び方はいろいろあります。解説を読んで選ぶ、直感で選ぶ、カードで選ぶ、ダウンジングで選ぶ、キネシオロジーで選ぶなどです。どれがどれより良いということはありません。自分で選ぶにしろ、人に選んでもらうにしろ、どの方法で選ぶにしても信頼することが重要です。それは人を信頼するとか、その方法を信頼するということではなく「自分は自分に必要なものを手にする」という自分を信頼するということです。あまり難しく考えず、どのような経緯をたどろうとも自分の手元に来たものが何よりぴったりと言えるでしょう。
フラワーエッセンスを選んでもらうにはどうしたらいいでしょうか?
たくさんのフラワーエッセンスの中から自分で選んで試してみることができますが、プラクティショナー(花療法士)という専門家に選んでもらう方法もあります。プラクティショナーは相談者(クライアント)が直面しているさまざまな問題の解決をサポートするためのエッセンスをアドバイスします。その他のヒーリング方法と組み合わせている専門家の方も増えています。インターネット等で調べてみるとよいでしょう。ネイチャーワールドでも、店舗にてフラワーエッセンスを選ぶお手伝いをさせていただいております(無料)。エッセンスを使ってみたいけど、何を選んだらよいか分からない方など、お気軽にお尋ねください。
ペットに使用する場合の質問
ペットにフラワーエッセンスを選ぶにはどうしたらいいでしょうか?
毎日の関わり方の中で、あなたのペットに今何が必要なのかは、あなた自身が一番わかっていることではないでしょうか? ポイントは、ペットの普段の行動に着目して、調和の取れた状態に戻す為にエッセンスをあげることです。また、あなたが片手でペットに触れながら、反対の手でオーリングやダウンジングでエッセンスを選んであげてもよいでしょう。
ペットにフラワーエッセンスを使うにはどのような方法がありますか?
ペットには人間がとる量の半分くらいか、それより少ない量を与えてください。ペット用の飲み水のボウルにエッセンスを1~2滴加えたり、口に落として与えたりします。またエッセンスを飼い主の手に数滴落として、ペットの体をマッサージするようになでてあげても良いでしょう。いつもペットが過ごしている場所にスプレーしてあげるのも良いでしょう。(直接スプレーすると嫌がる場合があります)大切なのは、動物達が安心してフラワーエッセンスを受け取れる状況で与えてあげることです。
アバンダンスプログラムに関する質問
アバンダンスプログラム中に、他のエッセンスを摂ってもよいでしょうか?
できるだけ目的をフォーカスするという点では、他のエッセンスは控えた方が良いかもしれません。どうしても必要だと感じた場合や、エネルギーチェックをして必要と反応した場合などには、摂ることもできます。
アバンダンスプログラム中、出来ない日があってもよいでしょうか?
もちろん 22 日間継続してやり抜くという形が一番良いのですが、どうしてもできない日があった場合、その日のエクササイズはやらずに、エッセンスだけお摂りください。22日間エッセンスを摂り続けることが大切です。あまり形どおりにこだわらずに、肩の力を抜いて気楽にワクワクした気分で行ってください。
アバンダンスオイルが出づらいのですが?
アバンダンスオイルは、振ったり叩くようにして手のひらにあててしまうとオイルが逆に出づらくなってしまいます。オイルを手の平より少し上で逆さにして、(振ったりせず、動かさずに)そのままの状態で少し待ってみてください。動かさないでそのままでいるとオイルが自然に連続して垂れてきます。
アバンダンスプログラムに付属の日本語版CDはどのようなときに使用しますか?
日本語版CDは、プログラム中の4、7、11、15日目のエクササイズをサポートするためのもので瞑想を促すための音楽と声が入っています。その各エクササイズの日の瞑想時にCDをかけてお使いください。付属のCDを使わなくてもプログラムを進めることはできます。瞑想をあまりやられたことがない方は、誘導瞑想をききながら進めていただくのがオススメです。
アバンダンスエンジェルに出会うというエクササイズで、エンジェルに会うことができませんでした。
アバンダンスエンジェルとは、私達を導いてくれる総称です。エンジェルや、妖精のようなものがでてくる場合もありますが、ここでいうアバンダンスエンジェルは様々な形となります。友達であったり、祖父母であったり、食べ物であったり・・。アバンダンスエンジェルとは、自分が安らぐもので良いのです。このエクササイズを行うと必ず自分にとって大切なもの、安らぐものの存在が出てきます。大切なことはそれを感じることです。また、アバンダンスエンジェルはひとつとは限りませんし、最初と変わる場合もあります。
他療法に関する質問
フラワーエッセンスと西洋医学の違いを教えてください。
フラワーエッセンスは自然療法で医療ではありません。西洋医学は病気の症状そのものに直接対応して治療するもので対処療法といわれています。これに対しフラワーエッセンスは、現れた症状そのものではなく、病気になった原因に着目し、それを癒すことによって対応していく方法で、この点が大きな違いです。
アロマセラピーのエッセンシャルオイルとフラワーエッセンスの違いを教えてください。
エッセンシャルオイルは、植物の花、葉、樹脂などから化学成分を水蒸気蒸留法などで抽出したものです。香りを嗅いだり、体に塗ることによってオイルの成分が脳や体の細胞に届き心身に働きかけます。一方フラワーエッセンスは基本的に花のみを材料に、花のエネルギーを水に取り込んで作られたものです。物質的な成分はなく、微細なエネルギーを取り込んだもので、そのまま摂って使用できます。私たちの生体エネルギー(オーラ)に共振の法則によって働きかけることによって、心と体に影響をもたらします。また、エッセンシャルオイルは香りがありますが、 フラワーエッセンスには香りや味はありません。
薬やホメオパシーと併用してもいいでしょうか?
フラワーエッセンスは自然水に花の波動をとりこんだもので、化学的な成分は入っておりませんので、 併用しても薬やホメオパシーの効能を妨げることはありません。ご心配な方は主治医にご相談ください。
その他の質問
イルカからの転写など動物のエッセンスはどういった方法で作られてますか?
ここでは、PHIエッセンスのイルカエッセンスについてご説明します。PHIエッセンスの作り手コルテ氏は、全てのエッセンスを作る際、ジオード(晶洞石)という中が空洞になっている石を使います。この作り方をクリスタル法と呼びます。この空洞に、澄んだきれいな天然泉の水をいれこの水にイルカのエネルギーを転写します。イルカのいる自然の中のハーモニーを感じられる場所へ行き、自然との一体感、宇宙とのつながりなどを持ちイルカとコンタクトできるよう瞑想しながら待っていると、作られることを望んでいるイルカたちが周りにやってきます。イルカたちがエッセンスを作ることに波長を合わせ、ただ見守ります。イルカたちはジオードにエネルギーを転写し終えると元いた場所に帰っていきます。(コルテ氏はエネルギーが転写されるときの様子について、一条の光がイルカたちに射し、次にその光がイルカたちから出てジオードに流れ込むように見えるといっています。)水はエネルギーや情報を蓄積して伝達する性質があるといわれていますので、転写されたエネルギーや情報、癒しの力を蓄えることができます。(他のメーカーではガラスのボウルを使用しサンメソッド法により作られます。)
エッセンスを子供や夫にこっそり摂らせても良いですか?
エッセンスは自分自身の癒しや気づきのためのものです。自分で今の状態を打破したいとか問題にきちんと対処したいという本人の意思が大切です。そういう意味でこっそりエッセンスを入れるなどということはせず、本人の同意を得た上で摂っていただくようにしてください。相手の意識がないような緊急時の場合は、その人のハイヤーセルフ、あるいは心の中で話しかけ、許可をとりましょう。
フラワーエッセンスを勉強するにはどうしたら良いですか?
詳しくエッセンスのことを学びたい人向けに、エッセンスの輸入発売元や販売店などによるフラワーエッセンスを学ぶ為のワークショップが開かれています。ネイチャーワールドでも、定期的にエッセンスを作っているプロデューサーを海外から招いてワークショップを開催しています。日本語の通訳がついていますので、どなたでも安心して受講していただけます。また、受講してケーススタディ(事例)を提出した方に資格を認定するシステムもあります。各講座の詳細は「ワークショップのご案内」をご覧下さい。
プラクティショナーとは何でしょうか?
プラクティショナーとは、フラワーエッセンスをクライアントに選ぶお手伝いをする専門家の事を言います。花療法士と呼ばれる事もあります。弊社が輸入元となっている各メーカーからこの資格をとると、そのメーカー公認の花療法士(プラクティショナー)となります。
プラクティショナーの資格を取ると、何ができるのでしょうか?
将来ヒーリングにかかわるお仕事や、フラワーエッセンスを選ぶセッションなどをお仕事として始めたい方、今現在のお仕事に、フラワーエッセンスを選ぶセッションなどを取り入れたい方など、資格をとる目的は様々です。エッセンスを周りの方や、ご家族などに選ぶためにはお勉強さえすれば、資格を取る必要はございませんが、お仕事としてエッセンスを選ぶことを始めたい方にとっては、どこかの海外のメーカーの公認資格があるということは強みになります。
フラワーエッセンスを全く知らない方へ簡単にどのように説明したら良いですか?
フラワーエッセンスは英国生まれの植物療法のひとつで、植物の持つ自然のエネルギー(波動)を水に転写したものです。海外では普通に薬局に並んでいて、自分で自分を癒すセラピー療法として広く知られています。植物のもつエネルギーが感情に働きかけ、意識を変化させてくれます。また心と体のバランスを取り戻すことによって、ストレスや不安を取り除き、癒しを導きます。薬ではないので、副作用も依存性もない、とっても安全な植物療法のひとつです。
コルテPHI:T1エッセンスは電子レンジの横などに置いたら電磁波を吸収してくれるのでしょうか?
電磁波機器のそばに置いておくことで、有害なエネルギーを吸収する助けとなります。
コルテPHI:T1エッセンスはどれくらいの間使っていて良いのでしょうか?
法律上、品質保持期限は10年でございますが、保存をきちんとしていただければ半永久的にお使いいただけます。最も重要なことは、効果を保てるようにT1のボトルを常に浄化することです。浄化のタイミングはご自身でお決めになっていただいて構いませんが、ポケットに入れたときや、とても有害なエネルギー環境などで使用された時には浄化を毎回行ってください。浄化の方法は弊社カタログp.144のT1とイルカのトリートメント方法の⑤をご覧ください。
有害な環境の場所へでかける時コルテPHI:T1エッセンスを持っていっても良いでしょうか?
はい、特に有害な環境などへお出かけの際には、一日1~2時間程度ポケットなどに入れておくことができます。1~2時間程度たちましたら、T1のボトルを休ませることが必要です。休ませるという意味で、浄化をした後、アルミホイルに包んでおきましょう。特に有害な環境にお出かけの後は、24時間休ませると良いでしょう。
コルテPHI:T1エッセンスが他のエッセンスのエネルギーをとってしまうことはありますか?他のエッセンスとは違うお部屋で保存した方が良いのでしょうか?
T1が他のエッセンスのエネルギーを取るということはございませんので、T1を使う意図をきちんと決めていただき、このぐらい離して置いておけば大丈夫というご自身のガイドに従っていただければ、同じお部屋に置いてあっても大丈夫です。あえて、T1の隣にエッセンスを置くことは避けましょう。