よくある質問

商品に関する質問
7.5,15,25ml のボトルは、それぞれ何滴くらいですか?
あくまで目安ですが、1ml あたり19.2 滴程度(ネイチャーワールドで数えてみた結果)でした。
参考にしてください。
賞味期限について
一般的に製造日から10 年のものが多いのですが、メーカーさんによって異なりますので、ラベルの表示に従ってください。
どのように保存したらよいでしょうか?
直射日光を避け、なるべく冷暗所で保存してください。フラワーエッセンスは電磁波の影響は受けないという説もありますが、作り手さんの多くは電磁波をさけて保存することをお勧めしています。
特に大げさに気にすることはありませんが、冷蔵庫やテレビなど電磁波の発生する近くは避けて保存することをおすすめします。家で長期的に保存する場合は必ず立てて保存して下さい。旅行やバッグ等で短期的に持ち歩く時は横になっても問題ありません。
使用方法に関する質問
ストックレベルとトリートメントボトルの違いを教えてください。
水をはったボールにお花を浮かべて作ったときのエッセンスをマザーエッセンスと呼び、次にブランデーと水の入ったボトルにマザーエッセンスを数滴加えたものをストックボトルといいます。通常販売されているシングルのエッセンスはこのレベルです。ストックボトルから直接飲んでも構いませんが、空ボトルに3 分の1 ブランデー、3 分の2 の天然水を入れ、必要なエッセンスを3〜4滴混ぜてボトルを作り、ここから使用すると経済的です。これがトリートメントボトルです。このボトルをさらに希釈することはできません。ストックレベルでもトリートメントレベルでも効果は変わりません。販売されているコンビネーションエッセンスは一般的にトリートメントレベルですが、ストックレベルのものもありますので、ラベルの表記をご覧ください。又、このカタログで「トリートメント可」のマークがついているものは、全てストックレベルです。
エッセンスを組み合わせる時のアドバイスがあったら教えてください。
エッセンスを組み合わせるときはその目的の明確さ、シンプルさが大切です。又、最終的に出来上がったものが全体性(統一性)を持っていること、つまり一つの目的を絞り込み、それに必要なエッセンスの組み合わせにするようにすることがポイントです。
エッセンスを使う人にエッセンスの説明をして飲んでもらったほうが良いですか。それとも別にし なくても良いですか?
使用する方の状況によってどちらも選択できます。たとえば、緊急の場合や幼児、子供たち(動物は勿論100%)の場合など、説明しないで使われているケースもあります。それでも十分な効果がでています。ただ選ぶ時にきちんと自分の心の内側と向き合うことが大切です。意味を知らないと効果がないというものではありませんが、自分が摂っているエッセンスの本質を思い起こすことは意味のあることですので、可能であれば説明をすることをおススメします。
※ 本人がエッセンスを飲むという意志があるという事を確認する事が前提です。こっそりエッセンスをその人に垂らす事などは、してはいけません。
エッセンスを飲む人が信じるか信じないかで差がありますか? or エッセンスを飲む人が信じていなくても効果がありますか?
エッセンスの効果を認識していない幼い子供や動物でも高い効果が認められております。つまり信じる、信じないかではなく、大切なのは問題と取り組むことに否定的な態度を取らず、( 最低) 問題に対し肯定的に取り組む姿勢があることなのです。
まちがったエッセンスを飲んでしまったらどうなりますか?
フラワーエッセンスの中には植物の物質は入っておりませんので、私たちの肉体には直接影響を及ぼしません。間違ったエッセンスを飲んだとしても、水に溶解して流れていってしまうだけで、何も起こりません。つまり必要のない人には何の効果も変化もありません。だから子供たちにとっても動物にとっても安全なのです。
各メーカーによっておススメの滴数が違いますが、その通り摂らないといけない(効果がない)も のですか?
この滴数はその通り摂らないと効果がないとか、いけないというものではありません。あくまでおススメと考えてください。この問題を創り手さんに質問しますと、全員が自分のハートに聞きなさいと答えます。大切なのは自分がどう思うかです。自分の思う滴数で摂りたいのであればそれも自然な流れなのです。
異なる目的の単体のエッセンスを複数同時に(同じ日も含めて)飲んでも良いですか?
エッセンスを摂るときは複数の目的を同時に解決するのではなく、今一番重要な目的に絞り込んで摂ることをおススメします。目的がクリアなほど効果がはっきりします。同じ目的の為に複数の単体のエッセンスを組み合わせることは全く問題ありません。
コンビネーションエッセンスを同時に複数飲んでも良いですか?
コンビネーションエッセンスは目的別に作られております。エッセンスを摂るときは、いろいろな目的を同時に解決するのでなく、今一番重要な目的に絞り込んで摂ることをおススメします。目的がクリアなほど効果がはっきりします。従って、コンビネーションエッセンスは絞りこんだ目的に合ったエッセンスを単独で摂ることをおススメします。ただ、緊急用のエッセンスは必要に応じていつでも使えます。また、同じ目的でどうしても2 本使いたいような場合はO リングなどでチェックしてみましょう。
オリジナルのトリートメントボトルを作るとき、違うブランドのものを組み合わせても良いですか?
基本的には単一メーカーさんの中でのブレンドをおススメしますが、O リング、ダウジング等で違うメーカーさんのエッセンスをコンビネーションしてよいかチェックし、OK であれば問題ありません。
どの位の期間とったらよいでしょうか?
一般的には3〜4週間を目安にするとよいでしょう。3〜4週間たたなくても、課題がクリアされたと感じ、もうこのエッセンスは必要ないと思った場合は、その時点でおやめになっても構いません。また、飲み忘れるようになった場合も、必要がなくなった時といわれています。
最大どの位種類を混ぜてよいのでしょうか?
一般的には、最大7種類程度までといわれていますが、販売されているコンビネーションエッセンスの中には、20種類も入っているものもあります。基本的には一つの目的に絞り、エッセンスを3〜4種類くらいまでに絞ることをおすすめします。
使用感・効果に関する質問
赤ちゃんに使ってもよいですか?
ブランデーや塩が入っていますので、直接与えずお母さんが手にとり、足の裏につけてあげたり、オーラをクレンジングしてあげるとよいでしょう。
妊婦さんへの使用はOKですか?
基本的には問題ありませんが、オーキッドとか高いチャクラに作用するもの、感情が高揚しすぎるもの、刺激過ぎる様なものなどは避けたほうがよいでしょう。Oリングなどでテストして使うようにしてください。
赤ちゃんが愛や喜びを持って生まれてくるようにイルカのエッセンスをお腹にあてたり、出産のときに生まれてすぐイルカの愛のエネルギーを感じさせたいために、部屋の4隅にエッセンスを置いて出産を迎えている方もいらっしゃいます。
フラワーエッセンスを飲みはじめたら体がだるくなり、気分も・・・このまま続けてもよいでしょ うか?
フラワーエッセンスを使用すると、ごくまれにそのような不快な経験をすることがあります。これは感情の滞りを動かし、心の葛藤の原因となっているものに気づく為の最初の抵抗があらわれたのかもしれません。このような状態は副作用ではなく、あなたに気づきを与え、より成長へと導く為
の一過程なのです。
感情・精神・身体の進化がバラバラに進んでいる現象としておこるもので、一般的には2〜3日でおさまるでしょう。もしこれらの反応が強すぎ辛すぎるようなら一旦使用をやめ、販売元やプラクティショナーなどの専門家に相談することをおすすめします。またグラウンディングや心の統合を助けるエッセンスをとるのもよいでしょう。
安全性・副作用・習慣性について教えてください。
アロマテラピーや漢方と違って、植物、動物、鉱物などからエネルギー(バイブレーション)だけを取り出したもので、物質的な成分は全く含まれておりません。エッセンス自体には味もにおいもなく、化学成分は一切入っていません。肉体への生化学的な作用はなく、副作用も習慣性もありませんので、小さなお子さんや動物にも安心して使えます。
フラワーエッセンスは体にも効果がありますか?
フラワーエッセンスの癒しは、ネガティブになっている感情を解放することです。心のバランスの乱れが病気を作るといわれていますが、例えばストレスを解放するのを助けるエッセンスを摂ったときに同時に体の緊張を和らげることもありますが、フラワーエッセンスが特定の病気を直接治すことはありません。病気の原因となっている、不安や怒り、落胆の気持ちといった精神的、感情的な根本の問題に目覚めさせ癒してくれるものです。
フラワーエッセンスの効果はどのような形でわかりますか?
フラワーエッセンスは、非常に穏やかに、感情や精神などの変化をもたらします。心の中に抱えていた緊張やストレス、こだわりなどを手放し、輝きを取り戻すよう意識の変容を導きます。
人によっては、「胸が騒ぐ感じがする」「忘れていた小さい頃の記憶を思い出した」という人もいますが、まるでタマネギの薄皮をむくように、少しずつですが確実な変化が訪れるかもしれませんし、抱えている課題や問題の核心にぴったりマッチしたときには、最も効果的な「気づき」が体験でき
るでしょう。
また、飲んだとたん抑圧されていた感情が解放され、その場で浄化が始まるようなケースもあります。
選び方に関する質問
フラワーエッセンスを選んでもらうにはどうしたらいいでしょうか?
たくさんのフラワーエッセンスの中から自分で選んで試してみることができますが、プラクティショナー(花療法士)という専門家に選んでもらう方法もあります。プラクティショナーは相談者(クライアント)が直面しているさまざまな問題をじっくり時間をかけて聞き、問題解決をサポートしてくれるエッセンスをアドバイスします。その他のヒーリング方法と組み合わせてアドバイスをしている専門家の方も増えています。インターネット等で調べてみるとよいでしょう。
ネイチャーワールドでも、ショップにてフラワーエッセンスを選ぶお手伝いをさせていただいております(無料)。お気軽にお尋ねください。
アバンダンスプログラムに関する質問
アバンダンスプログラムを出来ない日があってもよいでしょうか?
もちろん22 日間継続してやり抜くという形が一番良いのですが、どうしてもできない場合、エッセンスだけは毎日とるようにして、途中であきらめずに一日遅れ、二日遅れでも大丈夫ですので、最後までやり遂げてください。あまり形どおりにこだわらずに、肩の力を抜いて気楽にワクワクした気分で行なってください。
アバンダンスプログラム中に他のエッセンスを飲んでもよいでしょうか?
できるだけ目的をフォーカスするという点では、他のエッセンスは控えた方がよいかもしれませんが、どうしても必要と感じたり、エネルギーチェックをして必要と反応した場合は、飲んで頂いても問題ありません。
ペットに関する質問
ペットにフラワーエッセンスを使うにはどのような方法がありますか?
ペットには人間がとる量の半分くらいか、それより少ない量を与えてください。
ペット用の飲み水のボウルにエッセンスを2、3滴加えたり、口を開いて下に落として与えたりします。またエッセンスを飼い主の手に数滴落として、ペットの体をマッサージするようになでてあげてもいいでしょう。また、いつもペットが過ごしている場所にスプレーしてあげてもよいでしょう。(直接スプレーすると嫌がる場合があります)
大切なのは、動物達が安心してフラワーエッセンスを受け取れる状況で与えてあげることです。
ペットにフラワーエッセンスを選ぶにはどうしたらいいでしょうか?
毎日の関わり方の中で、あなたのペットに今、何が必要なのかは、あなた自身が一番わかっていることではないでしょうか? ポイントは、ペット達の普段の行動に着目して、調和の取れた状態に戻す為にエッセンスをあげることです。
また、あなたが片手でペットに触れながら、反対の手でオーリングやペンジュラムでエッセンスを選んであげてもよいでしょう。
他療法に関する質問
薬やホメオパシーと併用してもいいでしょうか?
フラワーエッセンスは自然水に花の波動をとりこんだもので、化学的な成分は入っておりませんので、併用しても薬やホメオパシーの効能を妨げることはありません。ご心配な方は主治医にご相談ください。
アロマセラピーのエッセンシャルオイルとフラワーエッセンスの違いを教えてください。
エッセンシャルオイルは、植物の花、葉、樹脂などから化学成分を水蒸気蒸留法などで抽出したものです。香りをかいだり、体に塗ることによってオイルの成分が脳や体の細胞に届き心身に働きかけます。
一方フラワーエッセンスは基本的に花のみを材料に、花のエネルギーを水に取り込んで作られたもので、物質的な成分はなく、微細なエネルギーを取り込んだものです。ですからそのまま服用したり、肌に塗ったりして使用できます。私たちの生体エネルギー(オーラ)に共振の法則によって働きかけることによって、心と体に影響をもたらします。また、エッセンシャルオイルは香りがありますが、フラワーエッセンスには香りや味はありません。
フラワーエッセンスと西洋医学の違いを教えてください。
フラワーエッセンスは自然療法で医療ではありません。西洋医学は病気の症状そのものに直接対応して治療するもので対処療法といわれています。これに対しフラワーエッセンスは、現れた症状そのものではなく、病気になった原因に着目し、それを癒すことによって対応していく方法で、この点が大きな違いです。
その他
フラワーエッセンスを勉強するにはどうしたらいいですか?
詳しくエッセンスのことを学びたい人向けに、エッセンスの輸入販売元やショップ主催で、フラワーエッセンスを学ぶ為のワークショップが開かれています。ネイチャーワールドでも、定期的にエッセンスを作っているプロデューサーを海外から招いてワークショップを開催しています。日本語の通訳がついていますので、どなたでも安心して受講していただけます。また、受講してケーススタディ(事例)を提出した人に資格を認定するシステムもあります。「ワークショップのご案内」をご覧下さい。また詳しくは、お問い合わせださい。
エッセンスを子供や夫に飲ませるとき、こっそりでもOK.?
エッセンスは自分自身の癒しや気づきのためのものです。自分で今の状態を打破したいとか問題にきちんと対峙したいという本人の意思が大切です。そういう意味でこっそり・・・というようなだまし討ちはせず、本人の同意を得た上でとっていただくようにしてください。相手の意識がないような緊急時の場合は、その人のハイヤーセルフ、あるいは心の中で話しかけ許可をいただいてください。
フラワーエッセンスはどうやってできるのですか?
メーカーさんによって多少異なりますが、ここでは花のエッセンスをつくる基本的な方法であるサンメソッドについて説明します。
まずきれいなガラスのボウルを用意し、それに天然水を入れます。次に花に直接手が触れないようにその花の葉っぱなどを使って花を摘み、ボウルの中に浮かべます。花を摘むとき大切なことは花に感謝し、許可を得ることです。日光に3時間程度あて、その後、花を取り除くとマザーエッセンスができあがります。