フラワーエッセンスとは

自然がくれた、癒しの贈り物

人間は昔から自然と深く関わり、野山に咲き乱れる花々に心を癒されてきました。自然の中で大地にしっかり根ざして育つ植物たち。その植物の中でも花は一番、エネルギーが強い部分だといわれています。その花の持つ癒しの力を、1930 年代に療法として確立したのがイギリスのバッチ博士です。フラワーエッセンスは、花を水に浮かべてつくられました。私達の心にやさしく働きかけ、ストレスや不安を取り除き、安らぎを与えてくれます。

自信がない、いつもくよくよしている、人前に出ることが怖い、過去のできごとに縛られているなど、フラワーエッセンスはおもに心の問題におだやかに働きかけてくれます。心の重荷から解放されたとき、思いがけずに体の問題も解消されることもしばしばです。
病気のいちばん大きな要因は、ストレスなどによる感情のバランスのくずれであるとも言われています。

フラワーエッセンスはこれをやさしく整え、心の重荷の解放をサポートしてくれるのです。
フラワーエッセンスは、植物(フラワー) のほかに動物、鉱物、海の生物、自然環境(オーロラや氷河など)からもつくられます。これらは総称してネイチャーエッセンスとも呼ばれています。

フラワーエッセンス(ネイチャーエッセンス)は、アロマテラピーや漢方とは違って、植物、動物、鉱物などの癒しの力(波動)を水に転写したものですので、エッセンス自体には味も香りもありません。もちろん副作用などもありません。小さなお子さんや動物にも使えます。(お子さんや動物には大人よりも少量で充分です)
解決したい感情や、状況に直面したとき、フラワーエッセンスはあなたの心と体に優しく寄り添ってくれるでしょう。