取り扱いブランド

レイエッセンス

レイエッセンスとは・・
レイ(Ray)とは、私自身である光。
誰もが遠い遠い記憶の中に知っている、すでにそうであり、永遠にそうである私。
真の私を思い出すと、それがあらゆるすべての答えだと知るでしょう。

レイエッセンスは、ついに"私"とは誰であるのかを知り、その"私"としてここに在ること。
そしてその"私"を生きることをサポートするための、"私"自身である源からあらわれた光の水です。
レイエッセンスは、真の自分に目覚める時期にある人には目覚めを促し、目覚めの旅を始めたばかりの人にはそれを助け、目覚めの旅を歩いている人にはガイドとして、力づけを与える高次の"私"からの光の贈り物です。

2010年、Independenceというキーワードのもとに、レイエッセンスが現れはじめました。それは、"私"とは誰であるのかを知ること。幻想の世界の中に生きることから抜け出し、真の自分から思う存分表現して生きること。そして新しい世界を創り出していくことへの意識のシフトを助けるものとして生まれてきたものです。
レイエッセンスは、"私"と出会い、"私"で在り、"私"を生きる、あなたのその意志をサポートします。


使用方法について

レイエッセンスの使い方は様々に考えられます。そのときご自分が選んだ使い方で自由に使っていただくことをお勧めします。どんな使い方であれ、そのエッセンスに意識を合わせる、エッセンスに触れる、ことで共鳴します。また、日常的にレイエッセンスに触れることでも、自然と共鳴を誘います。例えば。以下のような使い方がございます。

【ボトルから滴下する】
◇掌の真ん中に3滴落とす 
 最も基本的な使い方の一つです。両掌をすり合わせ馴染ませ、しばらく力を抜いてリラックスしてみましょう。
 さらに、その掌で体の周りの空間をなでたりして、内に意識を向ける時間をとってみることもお勧めします。
◇スプレー容器の水に数滴入れて、その場や身の回りに噴霧する

【ボトルを置く】
ボトルを意識を向ける時間をとることも、レイエッセンスのワークになります。自らのに意識を向けるワーク(ヨガ・瞑想など)のとき、ボトルをまわりに置く、手に持つ、体に置くなどをしても良いでしょう。

【ボトルを光にかざす】
レイエッセンスならではのとても効果的な使い方です。 ボトルを通って来る光に意識を向けたり、それを浴びることで、効果的なワークになります。
◇ボトルを朝日にかざして、その光を額に受ける
◇ボトルを光源の前に置き、その光を全身に浴びる

※レイエッセンスは通常のフラワーエッセンスとは異なり、食品として製造されていません。

資料提供:レイプロジェクト唯我

富井清文 (とみいきよふみ)

1963年生
自分の内側と向き合わざるを得なくなった人生経験の中で、癒しの先にある本質や次元を越える視点を体験していき、
1999 年長野市にてヒプノセラピストとして活動をはじめる。
本質へ導くフラワーエッセンスの普及活動にも力を入れ、現在ネイチャーワールド 株 )InternationalFlower Essence College Japan の講師を務める。
2010 年自らの本質と出会う至福の体験を重ねる中で現れたこの「レイエッセンス」を、世界に向け広く紹介する活動をはじめた。
現在までに 63 本のボトルが生まれ 、さらにレイエッセンスは誕生し続けている。

オススメ商品のみ掲載しております。その他の商品はオンラインショップにてご覧下さい。

  • 唯我シリーズ 唯我

    <唯我シリーズとは>
    “私”と出会うということ。

    それは、この上なく至福に満ちた目覚め、最高の喜びのときです。
    それは、自分がずっと切望してきたものは、実は自分自身だったと知ることです。
    それは、恐れというものはことごとく幻想であったと見抜いてしまうことです。
    これまで外の世界を探求し、その中に生きている小さな自分として体験してきました。
    それが自分の圧倒的な大きさについに気づいてしまう驚きと至福の瞬間のことです。

    ”私”と出会ってしまったら、それ以外の場所にほんとうの安心を探そうとは二度としなくなるでしょう。
    安心とは自分であった、自分そのものであったと知るからです。

    それだけでなく「あらゆる答えはすべて私であった」と知ってしまうからです。
    平和、自由、愛、可能性・・ それらはすべて”私”であったと。
    求める必要などなかったのだということを。

    人はこれまでずっと、それを外に探し、外に作り上げようとし、それを達成しようとしてきました。
    そして人生とはそういうものだと、世界とはそういうものなんだと思い込んできました。

    その生き方はすべて、ただ二元性の振り子を揺らしていたのだということを知ります。
    私と出会うということは、もうそのブランコを降りるときが来たと知ることです。

    そして、今まで恐れで創造し続けてきた窮屈な世界から手を離し、目をあげて。
    自由な創造主として生きる、新しいステージが始まるでしょう。

    レイエッセンス唯我は、その時がきたことをあなたに告げる光の水です。

    唯我シリーズ:全22本

    唯我シリーズ/唯我
    ただ “私” である。
    それがすべての答え。
    私には必要とするものは何一つなかったのだ。
    満たす必要はなかったのだ。

    達成する必要も、改善する必要もない。
    物も、環境も、他人も、状況も、出来事も、
    自分の体も、知識や技術も、
    何より大切にしてきたものも、
    それは私という存在そのものではない。

    自分を満たすため、守るための
    あらゆるすべてから手を放したとき
    “私”に出会う。

    私は源。
    私はすべて。

    2010.1.1 大町(及び穂高神社)にて

    資料提供:レイプロジェクト唯我




    製品を購入する(通販サイトへ)

  • 輪花シリーズ 輪花 よろこびの雫たち

    <輪花シリーズとは>
    あなたが、ただ”在る”とき。

    たとえどんな恐れに遭遇したとしても
    それをただ静かに見つめるだけで
    その恐れは力を失い、あなたに道を譲るでしょう

    幻想の世界は崩れ去り、すべてが平和に変わるでしょう

    ただ在るということが、どれだけ力を持つものなのかをさらに知るでしょう

    愛を求め、愛を得ようとするのではなく、
    あなたという存在がすでに愛そのものであることを、さらに体験していくでしょう。

    その過程は、羽化したばかりのおぼろげな体が
    ただ静かに一呼吸する毎に、
    いよいよその輪郭を確かにしていくかのように、
    とまどいや驚き、そして限りない悦びの中で、
    もうその歩みを止めることはないでしょう。

    そして羽を広げながら、どんな世界を創りそこに生きるのかを自らに問うのです。
    恐れから身を守ろうとすることをやめ、
    安心してただどこまでも”私”でありなさい。
    大丈夫。手放しであなたであっていいのです。

    創造する源であり、体験する者であるあなたは、
    今こそ地上で花開く。

    レイエッセンス輪花は、その開花のプロセスをやさしく育む光の水です。

    輪花シリーズ:全11本

    輪花シリーズ/輪花 よろこびの雫たち
    花は咲き、花は散り、めぐり巡る変化こそ私の命。
    終わりはあるようで終わりは無い。
    始まりは終わり、終わりは始まり。すべてを安心して遊んでいいのですよ。
    ただ無邪気に。大成を遂げようともせず、生きる必要に駆られることもない、幼子のように。
    そこから繰り広げられる、これが私のよろこびの世界。
    (2013.5.26満月・善光寺釈迦堂/花が池)

    資料提供:レイプロジェクト唯我




    製品を購入する(通販サイトへ)

  • 創世シリーズ 美しき龍の鼓動

    <創世シリーズとは>
    ゼロと創造の間を舞う 時のない魂のいとなみ

    レイエッセンスの創世シリーズは、原初の創造エネルギーを呼び覚ます水です。

    そのボトルはまさに、あなたが動き出すときにいつでも起動できるよう
    静かにスタンバイしている、無限の力を持つ”龍”です。

    それは、あなたが創造の源としてここに生き、存分に自分を表現するとき立ちあがり、
    自分の人生を、そして新しい世界を創り出していくときに発動される、
    すべてをクリエイトするあなた自身である創造のパワーです。

    創世シリーズは、アイディアや感性、何かをクリエイトする衝動を目覚めさせ、
    あなたの奥深くにある豊かな創造の力を開きます。

    創世シリーズ:全6本

    創世シリーズ/美しき龍の鼓動
    穢れなき純心の尊さよ。

    そなたを誰も犯せはせぬ。

    2014.11.11 黒姫山/七ツ池にて

    資料提供:レイプロジェクト唯我




    製品を購入する(通販サイトへ)

取扱いブランド一覧