取り扱いブランド

ジェモセラピー

樹木のつぼみを用いた今注目の「植物幹細胞療法」
〜からだと心を輝かす新芽の一滴〜
ジェモ  = 「つぼみ、新芽」
       +
セラピー = 「療法」
という言葉が合わさってできたものです。
「樹木の新芽から抽出されたハーブエキス」を「飲む」新しい自然療法です。


1950年代に始まった“ヨーロッパの漢方”
ジェモセラピーはフランスをはじめとするヨーロッパでは、処方している医師も増え始め、薬局での取り扱いも増えてきており、日本でいう「漢方」のように定着し始めています。
薬の原料にも用いられる植物の中でもジェモセラピーで用いる「樹木の新芽の力」というものが注目され、療法として確立されたのは近年です。現在では、予防だけでなく治療的に用いられ「新しいアプローチの自然療法」として世界中で人気が高まってきています。赤ちゃんからお年寄り、ペットまで飲むことができ、様々な症状に対応できるよう80種類以上もあるのです。(漢方医に悩みを相談して、漢方薬を選んでもらうように)一番お体に合うものを選ぶ場合はジェモセラピーを勉強したセラピストに相談することをお勧めします。
現代医学や、アロマセラピーやフラワーレメディーなど他の自然療法と併用することが可能なのはジェモセラピーの魅力の一つです。


資料提供:日本ジェモセラピーカレッジ

「新芽」が用いられたのは、中世の時代に「ドイツ薬草学の母」として知られる聖ヒルデガルト・ビンゲンや近代医学者の祖とされるパラケルススが「芽」をハーブティー、シロップや塗り薬に用いていましたが、「ジェモセラピー」という療法が確立されたのは近年になります。

1950年代にPaul Niehans(ポール・ニオン)医師*1による動物の胚細胞を使用した研究にヒントを得て、Pol Henry(ポール・ヘンリー)医師*2が植物でもアプローチも可能ではないかと考え、ウサギを使って植物の新芽や新葉の効力を試すなどの臨床実験を始めたことがきっかけです。

そして、1959 年、phytembryothérapie/フィトンブリオセラピーと名付けた療法へとたどり着いたのです。この自然療法は喬木(きょうぼく)や灌木(かんぼく)の胚組織を使用します。彼は、芽の浸漬液を摂取した患者の血液の生化学反応、同じく内臓の生理など、人体のさまざまな器官への影響についても興味を持ち、その後も同様の研究を続け、1つの療法として確立するに至ったのです。その後、南仏にあるボワラン研究所にてMax Tétau(マックス・テトー)医師*3と共にジェモセラピーの初めての商品化に成功しました。

資料提供:日本ジェモセラピーカレッジ

  • フルハーミングシリーズ



    サクラ:心も身体も美しく!心に静けさを。菌に負けない身体になるよう促すサポートに。のどに潤いを。
    サクランボ:正義感をもたらす!疲れから解放される助けに。視界を軽やかに明るくする助けにも。
    ツバキ: 謙虚でも強い心をもたらす!肌の美しさを守る助けをし、華やかな強さを。
    ヨモギ:邪気を払い幸せをもたらす!ぽかぽかボディに。記憶力に。自信を持ち続けたい方に。
    クズ:万葉の時代の栄養源。芯の強さ、根気、思慮深さをもたらす!身体を温め、内側からキレイに。年齢を重ねた特有の時 期をサポートします。
    チコリ:江戸時代、西欧から伝えられた菊苦菜(きくにがな)。満たされない心の隙間を埋めてくれます!肌をひきしめる助けに。またおいしいものを美味しくいただくために。
    グミ:どんな状況でもたくましく生きられるように!ちょっと疲れたときに身体をリセット。
    ドグダミ:ありのままの自分でひたむきに生きる!菌やウィルスに打ち勝つための助けに。肌の大いなる味方に。
    セントジョーンズワート:弟切草 (おとぎりそう)。傷つきやすい繊細な心をおだやかに!明るい未来を感じ、一歩を踏み出せる ように。眠れない夜にも。


    資料提供:日本ジェモセラピー協会

    製品を購入する(通販サイトへ)

取扱いブランド一覧